プラン

PLAN

世界運河会議に向けて

世界の英知を集め
中川運河などNAGOYAの水辺に新たな感動空間を創出する

名古屋城の築城、堀川の開削以来名古屋は木曽川流域の豊富な木材の一大集積地となり、また「からくり」をはじめとした木材の加工技術の高度化により、今日の名古屋地域の世界に冠たるものづくり文化の基盤が作り上げられた。

中川運河は、当地域の工業化のための増大する水運需要への対応と工業地域としての造成を意図して建設された。しかし、陸上輸送の発達につれて水運貨物幹線としての役割は終わろうとしており、沿線土地利用も産業構造の変容にともない様変わりし、市民の運河に寄せる関心は低かった。

しかし、水辺空間に対する市民の愛着は深く、運河再生に向けた新たな活動も徐々に広がり、水質改善の兆しがみられるこの時期、中川運河の持つポテンシャルの高さに気づき始めた。

市民生活の舞台となり、新たな産業空間の可能性を秘めた中川運河は、新たな地平線をめざしどこへ向かうのか、そして我々は何をすべきかが、今、鋭く問われている。世界運河会議を通じて、国内はもとより、世界から知見と経験を持ち寄り、この問いかけに応えていきたい。

水辺を活かしたまちづくりの世界的一大潮流の中で、様々な可能性や価値を持ちながらはるかに遅れを取っている中川運河。先進事例に謙虚・どん欲に学ぶ中で、これからの中川運河を徹底的に議論したい。

プラン

Area linkage map

地域連担MAP

名古屋駅と連担する
中川運河の重要性

名古屋駅と連担する中川運河の重要性

OUTLINE

概要

水辺を活かしたまちづくりの世界的一大潮流の中で、
様々な可能性や価値を持ちながらはるかに遅れを取っている中川運河。
先進事例に謙虚・どん欲に学ぶ中で、これからの中川運河を徹底的に議論したい。

2021 5.21FRI.-23SUN.
愛知大学名古屋キャンパスグローバルコンベンションホール・中京TVプラザ 船上、沿岸倉庫、松重閘門など

国際会議事業

シンポジウム風景
SYMPOSIUM
−シンポジウム−
  • 基調講演・パネルディスカッション( JAPIC共催分含む)
  • セッション別ワークショップ
  • 総括会議&宣言
  • ブース展示・ パネル展示
    中川運河の歴史的沿革/運河周辺のプロジェクト/運河、水、関係企業の展示/国内外の先進事例
excursion
EXCURSION
−エクスカーション−(通年)
  • 中川運河&堀川クルーズ
  • 半田運河
国土交通大臣賞Art&Party2
ART&PARTY
−アート&パーティー−
  • 国際感あふれるWelcomeParty および Farewel Party
  • 運河関係者ネットワーキング
  • ファンドレイジング
シンポジウムの内容
  • 基調講演 : 海外からの報告 BIG(ビャルケインゲルスグループ) Partner Kai-Uwe Bergmann
  • オープニングディスカッション1 : 陣内・服部(w/BIG ほか)
  • オープニングディスカッション2 : JAPIC (調整中)
SESSION 1
水辺から始まる都市戦略

自然・歴史・環境、水辺空間、トータルデザイン、SDGs

SESSION 2
アート&クリエイティビティそしてイノベーションへ

水辺とアート、アートインレジデンス、活動拠点整備、多様な人材の交流・触発

SESSION 3
市民・企業が支える水辺マネージメント

行政の意思、民の発想、運営体制・仕組み、防災、BID

市民SESSION
私たちの運河へ~何をしたら良いのか~

市民参加、ライフスタイル、シビックプライド、イベント、祭り、官民連携の仕組み

総括会議&宣言

「NAGOYA Model」を提唱

Related business

関連事業

ART EVENT
−アートイベント−
  • 堀止水上パフォーマンス
  • 露橋水処理センターパフォーマンス

⇒そのほかアートック10との連携を模索

FOOD EVENT
−フードイベント−
  • 運河都市の食と酒のマルシェ
CANAL IDEA COMPETITION
−運河アイデアコンペ−
  • ポスト世界会議企画として世界コンペを実施予定(ささしま、ボードウォーク、名古屋港、松重閘門など)

⇒ただし検討によっては本事業に入れ同時開催

※上記の内容は現時点における構想中のものであり実際とは異なる場合があります。

Milestone

マイルストーン

集客目標として
第1回世界運河会議では
関連イベント含めて
4日間で2万人をめざし、
会議中の滞留人口として
市内5万人を想定しています。

※上記の内容は現時点における構想中のものであり実際とは異なる場合があります。