ビジョン

Action

CANALARTの取り組み

中川運河への気づきから始まった新たな価値の創生
市民が世界に誇れる都市 NAGOYAへ

ビジョン

名古屋の真ん中を流れる“中川運河“。その中川運河は「東洋一の運河」と呼ばれ、昭和初期から30年代まで地域の水上輸送を担う物流の大動脈として、名古屋の近代化を支えました。しかしインフラの中心が自動車へと移ってからは、忘れ去られたまま時間が過ぎました。

名古屋にも、こんなに美しい水辺空間がある。
知って、来て、感じて欲しい。

「中川運河キャナルアート」は、そうした思いを持つメンバーが集まった市民プロジェクトとしてスタート。2010年からコスモスプロジェクトとアートイベント、シンポジウムなど、精力的に活動を行なうことで中川運河への意識も大きく変化し、具体的な再生計画が発表されるまでになりました。

そして、「イベントだけでなく、常にアーティストやクリエイターが活動できる場を創出し、感性を育むクリエイティブなまち=水辺空間にしなくてはならない」といった機運が高まるなか、「中川運河キャナルアート」は法人化し、次へのステージに向けて歩き出しました。
中川運河を文化の発信源として、”NAGOYA“は大きく変わっていきます。市民が世界に誇れるまちにするため、世界の水辺再生の成功例を学びながら、これからも、私たちは活動を続けていきます。

Urban development

CANALARTが目指すまちづくり

水辺にひろがる3つの波紋が
重なり合うことで見えてくる魅力的なまち

ビジョン

倉庫では
アートイベントやコンサートが
途切れることなく開かれている

船上では
パーティーが行われ
水運や観光を楽しむ人たちがいる

水面や水辺では
SUPヨガなどが行われ
子どもたちのワークショップが
開かれている

カフェには
大勢の人が集まり
ギャラリーやアートショップには
アーティストの作品が並ぶ

ワインバーでは
名古屋駅周辺でビジネスを終えた人たちが
食事やワインで アフターファイブを楽しむ

こんな魅力的なエリアに生まれ変わればと