ご挨拶

Message

代表理事からのメッセージ

世界運河会議に向け
組織改正しました

一般社団法人中川運河キャナルアート 代表理事 松林 正之

一般社団法人中川運河キャナルアート
代表理事 松林 正之

世界運河会議準備に没頭している間に、たちまち時が過ぎましてご挨拶が遅れました。
1月から従来の理事長、副理事長、理事、社員という体制から、代表理事、理事、社員という組織に改正しました。
それに伴い代表理事に就任しました松林正之です。

世界運河会議開催は、我々中川運河キャナルアート永年の宿願でした。
水辺を活かしたまちづくりは、今や世界的な一大潮流になっています。運河など水辺を再生し、市民が憩い、大勢の観光客を集めています。
水辺ならではの感動空間が創出され、新たな価値が生まれています。

様々な可能性や価値を持つ中川運河は、着実に再生に向けて歩を進めているとはいいながら、世界から大きく遅れていると言わざるを得ません。
国内外の先進事例に謙虚に、かつどん欲に学びながら、中川運河のこれからを徹底的に議論したいと考えています。
2027年リニア開通とスーパーメガリージョンの誕生を目の前にした今こそ、その時だと判断し、
2020年5月22~24日(金土日)三日間にわたり「世界運河会議NAGOYA2020」を開催することといたしました。
我々中川運河キャナルアートは新たな組織体制の元、一丸となり事業を推進しております。
どうぞ今まで以上にご指導ご鞭撻いただきますようお願い申し上げます。

2019年7月