NEWS & EVENT

ニュース & イベント

イベント

シンポジウム「キャナルアートミーティング ~世界運河会議に向けて~ 」を、愛知大学名古屋キャンパスで開催しました。

シンポジウム | 2016/03/05(土)

中川運河再生シンポジウム キャナルアートミーティング ~世界運河会議に向けて~

  • ※イベント内容につきましては随時更新してまいります。
  • 期日
    2016年3月5日(土)14:00-17:00(予定)
  • 場所
    学校法人愛知大学 名古屋キャンパス11階 〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-6 アクセス http://www.aichi-u.ac.jp/sasashima/access.html
  • 同時開催
    中川運河散策エクスカーション 10:00~ 懇親会(有料)
  • 主催
    一般社団法人中川運河キャナルアート
  • 協力
    学校法人愛知大学 経済学部経済学科 辻 隆司ゼミ
  • 後援
    国土交通省中部地方整備局、名古屋市、名古屋港管理組合
  • 入場
    無料
  • 定員
    先着400名

これまでに独自のアートイベントやシンポジウムなどを開催し中川運河の活性化を牽引してきた一般社団法人中川運河キャナルアート。平成24年に発表された中川運河再生計画では、アート・まちづくり活動による当該地域の活性化が提言され、多くの活動が具体化され、中川運河再生への展開は全国的にも注目を浴びています。そして、運河を軸とした名古屋のまちづくりの具体化と、中川運河の魅力を世界に大きく発信するために「世界運河会議(仮称)」を提案させていただきたいと考えております。このシンポジウムはそのキックオフとして広く皆様に発信していく予定です。

シンポジウム、中川運河エクスカーション、懇親会に参加ご希望の方は info@canal-art.org宛に「お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス」をお送りください。

リーフレットのダウンロードはこちら

PDFをダウンロード

講演
  • テーマ
    「世界における都市の水環境回復の歴史と展望」 ボストン・東京・大阪、そして名古屋
  • 講師
    石川 幹子 中央大学理工学部人間総合理工学科 教授 東京大学 名誉教授 「社会的共通資本としての緑地」の研究、及び計画・デザインによる社会実装、環境教育活動を行っている。2011年3月の東日本大震災に際しては、宮城県震災復興会議委員、宮城県岩沼市震災復興会議議長を務め、復興支援を継続している。 著書:『都市と緑地』(2001)岩波書店 受賞:都市公園コンクール・国土交通大臣賞:おとめ山公園(2015年)、環境デザイン賞:東日本大震災玉浦西地区復興居久根計画(2014年)
     
発表
  • 1
    キャナルアートの報告と世界運河会議に向けて 藤田 正彦 一般社団法人中川運河キャナルアート 副理事長 株式会社テラ 代表取締役 キャナルフューチャー委員会委員長、広報統括を兼任。他、東別院での年越しイベントや参加型ファッションショー等、ナゴヤの街づくりを多方面から企画プロデュース。
  • 2
    中川運河とアートについて 清水 裕二 一般社団法人中川運河キャナルアート 理事 愛知淑徳大学 教授 建築設計や都市景観の教育にたずさわる一方、まちづくりや建築設計の実践も行う。2013年より中川運河キャナルアート委員長。2015年日本建築学会賞(業績)共同受賞。
  • 3
    水辺の魅力発信 ミズベリング世界会議を事例に 尾藤 文人 国土交通省中部地方整備局 広域水管理官 国の立場から今後の水辺づくりを考えるきっかけとなることを期待し、ミズベリング世界会議や各地の水辺でのイベントに寄与する。
  • 4
    中川運河再生プランについての一考察 学校法人愛知大学 経済学部経済学科 辻 隆司ゼミ 学生の視点からの中川運河及びその周辺地域の活性化について研究。ゼミ内でチームに分かれ市民・企業・行政に対してアンケート・ヒアリングを実施。
パネルディスカッション
  • パネリスト
    石川 幹子 中央大学理工学部人間総合理工学科 教授 東京大学 名誉教授
  • パネリスト
    黒田 昌義 名古屋市住宅都市局長 住宅都市局長として名古屋のまちづくりに従事。リニア中央新幹線の開業を見据えたまちづくりを進める中で、都心につながる中川運河の再生に取り組んでいる。
  • パネリスト
    関口 敦仁 愛知県立芸術大学美術学部 教授 美術作家 80年代よりインスタレーション作品や店舗空間のデザインなどを手がけ、90年代より情報メディアを利用した作品やデザイン研究など手がける。
  • パネリスト
    原 佳宏 株式会社電通 中部支社 シニア・アカウント・マネージャー 地域プロジェクト企画開発担当プロデューサーとして、まちづくり、地域活性化の視点から、多くの名古屋地区の大型事業・プロジェクトに携わる。
  • コーディネーター
    村上 心 椙山女学園大学/大学院教授 一般社団法人中川運河キャナルアート副理事長 地域・建築再生を研究テーマの一つとし、地区開発計画やイベント主催も手がける。2008年度都市住宅学会著作賞、2007年日本ディスプレイ大賞入選など。
シンポジウム会場案内
  • 会場
    学校法人愛知大学 名古屋キャンパス11階
  • 住所
    名古屋市中村区平池町4-60-6
  • 交通アクセス
    ・名古屋駅より徒歩約10分 ・あおなみ線「ささしまライブ」駅下車 ・近鉄「米野」駅下車徒歩約5分
【特別企画】中川運河散策エクスカーション
  • 10:00~
    中川運河再生計画に基づく計画のグランドビジョンをもとに、専門家らともに中川運河沿岸沿いと開発が進むささしまエリアでのまちあるき。 ※雨天により中止になる場合もございます
  • 案内人
    白石 吉彦 中京テレビ放送株式会社 経営企画局 新社屋準備室長 羽根田 英樹 公益財団法人名古屋まちづくり公社名古屋都市センター 調査研究アドバイザー
【特別企画】懇親会(ミニパーティー)
  • 本シンポジウム 終了後 17:30~
    シンポジウム終了後に、軽食と飲み物での親睦会を行います。 場所:学校法人愛知大学 名古屋キャンパス1階 キャンパスレストラン 参加費:1,500円(軽食、飲物付)
参加お申し込み・お問い合わせ先

参加ご希望の方は「お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス」をご記入の上お送りください。

  • Email
    info@canal-art.org
主催
  • 一般社団法人中川運河キャナルアート