NEWS & EVENT

ニュース & イベント

イベント

「中川運河キャナルアートProject No.4についてのご報告と今後について」を公開いたしました。

中川運河キャナルアートProject No.4についてのご報告と今後について

平成26年12月11日
一般社団法人中川運河キャナルアート
理事長 松林正之

中川運河を舞台に2010年(平成22年)Project No.ZeroとしてスタートしたCANAL ART は、今年Project No.4として11月15日、16日に開催いたしました。5回目となるアートイベントは、延べ1000人の方々にお越しいただき、好評のうちに終えることができました。これもひとえに皆様方のご支援・ご協力のお陰です。心から厚く御礼申し上げます。

全くの手探り状態で始めたCANAL ARTですが、この5年間で中川運河を取り巻く環境は大きく変化してきたと思います。平成24年「中川運河再生計画」が制定されましたし、平成25年からは、リンナイ株式会社の寄附による中川運河文化芸術活動助成事業「ARToC10」もスタートしております。その他スポーツ、水質浄化、親水空間、舟運観光、防災面など中川運河の持つさまざまなポテンシャルに対して、各方面から関心が高まってきていることを実感しております。

5年を節目として一般社団法人中川運河キャナルアートは、アートイベントを自ら主催する役割を終えたと判断し、新たなステージへ歩み出します。今回、平成27年度のARToC10には応募いたしませんでしたが、今までの経験やノウハウを最大限活かし、中川運河に魅力を感じているアーティストの皆様方のお力になり、また共に歩んでいくことができればと心から願っております。さらには人々の感性を育む中川運河沿岸に、アーティストの皆様が日常的な活動拠点を持てるようになり、この地域一帯が「価値あるにぎわいゾーン」になっていくことを願って尽力したいと考えています。

今後とも私どもの活動にあたたかいご支援・ご指導を賜りますよう心からお願い申し上げます。

以上