NEWS & EVENT

ニュース & イベント

イベント

シンポジウム「中川運河の「過去」、「今」そして「未来」へと紡ぐ物語」を、中川文化小劇場で開催しました。

シンポジウム | 2014/02/11(火)

  • 中川運河再生シンポジウム 2014 中川運河の「過去」、「今」、そして「未来」へと紡ぐ物語

    • ※イベント内容につきましては随時更新してまいります。
    • 期日
      2014年2月11日(火・祝)13:30-16:00
    • 場所
      中川文化小劇場 3Fホール
    • 入場
      無料
    • 定員
      200名
    • 主催
      一般社団法人中川運河キャナルアート、公益財団法人名古屋市文化振興事業団

かつては物流の大動脈として人々の暮らしに豊かさをもたらした中川運河はその役割を終え、静かな時間を過ごしてきました。一方で、近年市民や行政側からの中川運河再生への機運の高まりとともに、その新しい位置づけに期待が高まっています。2027年に名古屋と首都圏を最短40分で結ぶリニア中央新幹線が開通します、そのインパクトは名古屋大都市圏の生活・文化をも変えると各専門家は指摘します。中川運河は新しい渦の中でどのように変化していくのでしょうか。シンポジウムでは様々な分野の専門家、企業、市民からの意見を聞きながら皆様と一緒に学びます。

シンポジウムでは運河がかつて果たしてきた役割を確認する「過去」、生まれ変わろうと動き出した「今」、そしてリニアインパクトともに新しい機能を持ち世界に発信されていくであろう「未来」と、それぞれ3つのテーマに分け物語のように展開します。

また、進行はCBCラジオでおなじみの「はぁさん」こと河原龍夫氏が中川運河にまつわる音楽等を交えながら3つのテーマをコーディネートします。

参加は無料です、是非みなさんご参加くださいませ。

リーフレットのダウンロードはこちら

PDFをダウンロード

プログラム
  • オープニング
    開会宣言
  • 「過去」

     ミニ講演

    愛知県立大学教授 竹中克行

    椙山女学園大学/大学院教授 村上心

    ■内容

    近代名古屋において大きな役割を果たしてきた、運河の歴史的な構造を地理学、都市計画の専門家のお話とともに学びます。

  • 「今」

     リレートーク

    キャナルフューチャー委員会委員長 藤田正彦

    シネマスコーレ代表取締役支配人 木全純治

    名古屋市役所住宅都市局まちづくり企画部臨海開発推進室室長 鈴木英文

    ■内容

    運河再生計画の具体的展開として、運河沿いでの活動、倉庫、水上で繰り広げられアートイベントをはじめとした活動、行政側からの再生計画への展望等、中川運河の今をプレゼンテーションします。

  • 「未来」

     リレートーク

    JAPIC主席研究員 松林正之

    港まちづくり協議会事務局 古橋敬一

    徳島興業株式会社代表取締役 徳島孝志

    ■内容

    歴史上経験したことがないリニアインパクトが起きようとしている未来に向けて、中川運河の役割に期待する多くの声を捉え、地元から日本・世界へヒト・マチがどのように順応していくかの提案を専門家、市民、企業側からプレゼンテーションします。

    ※フィナーレははぁさんの仕切りとともに飛び入りのゲストも登壇予定

  • 司会・進行
    はぁさん(河原 龍夫)
主催
  • 一般社団法人中川運河キャナルアート

    公益財団法人名古屋市文化振興事業団

アクセス
  • 会場
    中川文化小劇場
  • 住所
    名古屋市中川区吉良町178-3
  • TEL
    052-369-1845
  • FAX
    052-369-1846
  • Email
    nakagawa@bunka758.or.jp
  • アクセス
    ・名古屋駅より、あおなみ線「荒子」下車 南へ徒歩1分

    ・地下鉄東山線「高畑」下車 4番出口より東へ徒歩10分

    ・市バス「荒子駅」下車 南へ徒歩1分(金山22号系統)

    ・市バス「荒子観音」下車 北へ徒歩3分(金山21号系統)

申し込み・問い合わせ先

中川文化小劇場

  • TEL
    052-369-1845
  • FAX
    052-369-1846
  • Email
    nakagawa@bunka758.or.jp
郵送・ファックス・電子メールにて、下記の事項をご記入の上、お申し込み下さい。

  1. 「中川運河再生シンポジウム 2014希望」
  2. 氏名
  3. 住所(任意)
  4. 電話番号

※申し込み締切 : 2月7日(金)

※申し込みが定員に達し、ご参加いただけない場合には、こちらからご連絡させていただきます。

※ご記入いただいた個人情報につきましては、今回のシンポジウム以外の目的で使用することはありません。